bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

不労所得の仕組みは手数料

マネー 投資 ビジネス ライフスタイル

不労所得の仕組みは手数料

不労所得の仕組みは手数料

携帯電話が出来たとき、運良く代理店になれた人は、通話料からのバックマージンで巨額の権利収入を得ました。
叶姉妹がドコモから月に6000万入ってるとかなんとか、そういう類の話、聞いたことがあるはずです。

いいタイミングでたまたまその情報が入って来て、乗っかった人だけが、不労所得を手に入れることが出来るという、とてもわかりやすい例ですね。



叶恭子さんのお父さんが、当時1000万円出してドコモの代理店の資格を買い、携帯電話の普及に貢献したからこそ、恭子さんはナイスルッキングガイと遊んでいられるわけです。

もしドコモがこんなに普及するってわかっていたら?
もしタイムマシンがあったら?

当時に戻って、借金してでも1000万円で代理店の資格をとりますよね?

だって当時の携帯電話は、誰が売ってもバカ売れしたわけだし、普及するのは、芸能人じゃなくたって簡単だったんですから。

その結果が、月収6000万円という不労所得な訳ですから。

でもね。
こういうのは20年に一度、あるかないかというくらい稀な話ですし、チャンスを掴む為には、流行るかどうか保証もないのに、数百万、数千万の投資をしなければなりません。

タイムマシンはないので、当時、携帯電話なんてものを誰一人知らない時代に、これは流行る!と判断して1000万を積む勇気、あなたにありましたか?



きっとなかったと思います。
だからあなたは今、ドコモから毎月6000万円をもらってないんですよね。

仮にドコモがポシャッて全く儲からなくても、投資したお金は戻りません。
不労所得を作るとは、そういうことです。
そんな保証のないものに、なけなしの1000万円、もしくは借金した1000万円を投入できるはずがありません。

仮に先見の明があって携帯電話が流行る!と思ったとしても、
まだ開発段階で世に出ていない商品の販売権利の話が、
あなたのところにくるはずがないのです。

だから、貧乏人はいつまでたっても貧乏人のまま。
金持ちはどんどん金持ちになる。

それが世の中の絶対法則です。

そんな権利収入を得る方法はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓

1

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ